SDGs

ビジネス

クロスオーバー

スローガン
募集

SDGs
実践研修

SDGs
実践
コンテスト

SDGsの実践が企業の価値向上に役立つという理解を広げ、
SDGsを実践する企業を後押しするための、
実践研修・コンテストを開催します。

ニュース

SDGs実践コンテスト運営実行委員会について

SDGsの実践が企業の価値向上に役立つという理解が
十分に広がっておらず、また、SDGsを実践しようとしても、
何から取り組めば良いのか分からない企業が多いため、
企業における実践の増加は未だ緩やかです。
そこで、SDGsの実践を助け、
SDGsを実践する企業を増やしていく必要があります。
私たちは、私たちの住み暮らすまちで活躍する企業に、
SDGs実践の循環が生まれることを目指して活動していきます。

参加団体一覧

持続可能な開発目標
SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは

SDGsロゴ

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定された
ミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、
2015年9月の国連サミットで採択された
「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて
記載された2030年までに
持続可能で
よりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され、
地球上の「誰一人取り残さない
(leave no one behind)」ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組む
ユニバーサル(普遍的)なものであり、
日本としても積極的に取り組んでいます。

【引用元】 JAPAN SDGs Action Platform 外務省
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html

イベント

スローガン募集

2030年までの達成目標であるSDGs。

日本においても企業を中心に徐々にその理念が浸透してきたSDGs。国連での採択から
5年経過した今年、国連は新たに目標達成年である2030年までの10年間を「行動の10年」
とし、取り組みを加速させていくことを世界中の人々に呼びかけています。個人事業主や
中小企業でも、企業利益に直結した活動が可能です。
私たち自身の実践を、私たち自身で後押しして行きましょう!

スローガン募集について詳しくはこちら

SDGs実践研修

参加企業に、SDGsの実践が社会貢献と企業の利益向上を両立する方法であることを理解していただきます。
講義とグループワークでSDGsについて丁寧に伝えることで、すべての参加企業がSDGsを
正しく理解し、それぞれの事業と結びついたSDGsの実践を検討できるようにします。

SDGs実践研修について詳しくはこちら

SDGs実践コンテスト

企業が次々とSDGsの実践に踏み出す循環が生まれるように、SDGsが社会貢献だけでなく、
企業利益につながることを発信します。エントリーしていただいた実践内容を、審査基準に基づき、
評価、選定し、顕著な実績や優れた取り組み、具体的な数字、実践を通しての成長などを称え、
表彰します。

SDGs実践コンテストついて詳しくはこちら

トピックス

トピックス一覧

協賛企業

協賛企業名

アウラ
インターナショナル
株式会社

協賛企業名

Start SDGs

協賛企業名

株式会社
グローバル
イノベーションズ

協力企業

1現在準備中

2現在準備中

3現在準備中

4現在準備中

5現在準備中

後援

愛知県、名古屋市

応募フォーム

下記それぞれのリンク先からご応募下さい。

お問合わせ

当実行委員会による事業のご案内は
全て公式LINEから配信しますので、
LINE登録をお願い致します。
ID:@sdgsgo
登録URL:https://lin.ee/RaBMrPh

LINE QR

個人情報の取扱いについて

SDGs実践コンテスト運営実行委員会は、当プライバシーポリシーを掲示し、当プライバシーポリシーに準拠して私たちの提供するサービスを利用する企業・団体・及び個人のプライバシーを尊重し、個人情報の管理に細心の注意を払い、これを取り扱います。

個人情報の定義

個人情報とは、ユーザー個人に関する情報であって、当該情報を構成する氏名、住所、電話番号、メールアドレス、企業・団体名、その他の記述等により当該ユーザーを識別できるものをいいます。また、その情報のみでは識別できない場合でも、他の情報と容易に照合することができ、結果的にユーザー個人を識別できるものをいいます。

個人情報の管理について

取得した個人情報は、ご本人の同意なしに目的以外では利用しません。情報が漏洩しないよう対策を講じます。ご本人の同意を得ずに第三者に情報を提供しません。

個人情報の利用目的について

お客様のご要望に合わせたサービスをご提供するための各種ご連絡。お問い合わせいただいたご質問への回答のご連絡。

個人情報の開示について

ご本人からの求めに応じ本人確認ができた場合のみ、情報を開示します。公開された個人情報が事実と異なる場合、訂正や削除に応じます。個人情報の取り扱いに関する苦情に対し、適切・迅速に対処します。